FC2ブログ

八女弁講座(27)

 みなさん、こんにちは

 すっかりご無沙汰してしまいましたが、HANAは元気に活動中でございますよ。

 さてさてこちらもご無沙汰、八女弁講座でございます。

南馬場の大樟①
今回は福岡県指定の天然記念物、南馬場の大樟をご紹介します。



 先日、外国人の方に八女弁を説明する機会があったのですが、皆さん熱心に聞いてくださいました。

 やっぱり方言は難しくて誰かが教える必要があるんだろうなぁと感じました。


 そんなわけで、この八女弁講座は細々とでも続けていきたいと思っています。教える方にもお役に立てば幸いです。

 南馬場の大樟②
 樹齢は1300年以上。天武天皇の時代に植えられたんだそうです。うーん、すごいなぁ。

 
 すっかり寒くなりました。風邪などひいていらっしゃいませんか。

 風邪をひかないためにも、外出先から戻ったら、「うがいと手洗いばせやんよ」。


 この八女弁講座の初回でもご紹介しましたが、「~ば」は「~を」ということでしたね。

 ですから、「うがいと手洗いば」は「うがいと手洗いを」ということです。

 南馬場の大樟③
 幹の周りは10.4m、高さは35mもあるんだとか。立派です。


 さあ、次が今回のポイント。「せやんよ」は「しないといけないよ」という意味。

 実はこれ、八女弁講座の第4回でも触れたのですが、説明がちょっと足りてなかったので、改めて取り上げることにしました。

 
 作り方は簡単。

 Ⅰグループ(五段動詞)とⅡグループ(上一段・下一段動詞)は“ない形(未然形)”に“やん”をつけます。

 例えば、「(薬を)飲まやん」とか「(会社に)行かやん」、「(野菜を)食べやん」のようになります。

 特殊なのはⅢグループ(カ変・サ変動詞)ですね。

 「する」は「せやん」、「来る」は「こやん」になります。

 これは八女弁では「する」のない形(未然形)が「せん」、「くる」が「こん」になるからなんです。

 南馬場の大樟④
 近くで見ると迫力があります。

 
 さあ、皆さんも「寒なかごつして、風邪ひかんごつせやんよ(寒くないようにして風邪ひかないようにしないとだめですよ)」。


 南馬場の大樟⑤
 朝の光を浴びて神々しく佇んでいました。


 では、また
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【八女弁講座(27)】

 みなさん、こんにちは すっかりご無沙汰してしまいましたが、HANAは元気に活動中でございますよ。 さ
プロフィール

HANA

Author:HANA
ご連絡・お問い合わせは…
 fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR