FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「行かなければなりません」…自然ですか?

 みなさん、こんにちは


 長く日本語教育を続けていると、いわゆる「ティーチャートーク」になってしまうことがあります。

 「ティーチャートーク」というのは、学習者が知っている数少ない文法や言葉で話そうとするため、「私、言います。皆さん、聞きます」というような、単語を並べただけのような日本語や、「テストです。話しません。本を見ません」のような、シンプルな表現を使った話し方のことです。

 「ティーチャートーク」はある程度不自然な日本語になってしまうことが多いです。


 そのティーチャートークともいえると思うのですが、「行かなければなりません」という日本語が、私はどうも自然な言葉に直せないのです


 「~なければなりません」という文法は、初級の早いうちに出てきます。

 以前ご紹介した『みんなの日本語』という教科書では、「~ない」という形を勉強した後、「~ないでください」に続いて「~なければなりません」を学習します。

 でも、これ、どうも不自然な日本語のように感じるのです。

 ずっと疑問に思っているのですが、これを自然な日本語に直すとどうなるのでしょう。

 「行かなくちゃ」なら自然ですが、職場で上司に話すような場合、ちょっとふさわしくないかと。

 私のネイティブは八女弁ですから、八女弁ならもちろん自然です。

 「行かなんです」とか「行かやんとです」と言えば、八女の職場なら上司でもOKだと思います。

 でも、これを標準語に直すことができないのです。

 ほんとうに、この「~なければなりません」は私を悩ませ続けている言葉なのです。


 どなたか私の悩みを解決してくださいませんか

 
 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

HANA

Author:HANA
ご連絡・お問い合わせは…
 fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。