FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム語入門講座Ⅰ 開講しました\(^o^)/

 みなさん、こんにちは

 ずっと念願だったベトナム語講座、これまで受講生の皆さんを集めることができず、個人でご希望のあったケースのみプライベートレッスンということで対応させていただいていました。

 しかし、今回は一念発起、年の初めに計画を立て、2月から4月まで3回にわたって無料体験講座を実施。

 そのおかげで、何とか4名の方のお申し込みを頂きました\(^o^)/。

 地道に続けて知名度を少しずつ上げて、最終的には入門Ⅰと入門Ⅱが同時に開講できるようになればと思っています。


 今回の講座を受講してくださるのは4名。

 皆さん、「簡単なコミュニケーションがとれるようになりたい」というご希望をお持ちでしたので、一番大切な声調からスタート。

 声調は講座を通じて毎回繰り返し練習し、記号を見たら正確に発音できるようになっていただきたいと思います。

 でないと、ベトナム語はどんなに頑張っても通じないのです(T_T)。

 そして、それを踏まえたうえで、今回は「私の名前は〇〇です」と「こんにちは」の練習をしました。

 それが、この「こんにちは」が厄介なんです。

 シンプルに「こんにちは」という表現もありますが、ベトナム人たちは一人称と二人称を付けて言うことが多いです。

 ベトナム語の一人称と二人称、基本的に同じで、家族名称を使います。 直訳すれば、「(妹である)私は(お姉ちゃんである)あなたにこんにちは」のようになります。

 つまり、ベトナム人は常に初対面の相手にも日常的に家族の名称を使っているんです。人間関係の距離感も全然違います。

 ベトナムにいたころ、よく学生が町に連れ出してくれました。

 買い物や喫茶店などで、学生たちが店の人とやりとりをしているのですが、いつもいつも「ねえ、この店の人、友達なの?」と聞いたものでした。本当に慣れ親しんだ人のように話すのです。

 その答えはいつも、「いいえ、今日初めて会いました」。

 ところが、日本では、初対面の相手と慣れている相手では距離感がまったく違います。

 それが日本に来て「日本人は冷たい」と感じる要因の一つなんだと思います。


 日本人がベトナム人のような家族名称を使うことはないかもしれませんが、知っておくことは大切ではないでしょうか。


 焦らず、ゆっくりゆっくり着実に身につけて頂く予定ですので、2回目以降の参加も大丈夫です。

 ぜひのぞいてみてくださいね。

 お問い合わせ、お申し込みはfwnv3447@mb.infoweb.ne.jpまでお気軽にどうぞ。



 ※緊張して写真を撮り忘れてしまいました(^_^;)。悪い癖ですm(__)m。受講生の皆様、次回お願いします。お顏は載せませんので宜しくお願いします(#^.^#)。

 

 


 では、また 





ぽちっと応援宜しくお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ベトナム語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

HANA

Author:HANA
ご連絡・お問い合わせは…
 fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。