FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムの思い出話②

 みなさん、こんにちは

 
 ベトナムに限らず、外国で暮らすということは、異文化に接する機会が格段に増えるということ。

 考え方も習慣も違う国ですから、思いもかけないことはたくさんありますが、まだまだベトナムは少ないほうだと思います。


 例えば、こんなことがありました。

 あるとき、私は一人で小旅行に出かけました。

 目的地はハノイから南100kmぐらいのところにあるタインホワという町です。

 今ではもう旅の目的もすっかり忘れてしまったのですが、強烈に思い出すことがあります。

 帰りの長距離バス。外国人用が乗るようなバスではなく、普通のベトナム人が利用するちょっと古い、でもちゃんと走ってくれるバスです。

 最初は乗客もたくさんいて、普通に走っていたのですが、乗客が一人降り、また一人降り…、やがて私ともう一人、乗客は二人だけになってしまいました。


 すると、突然バスが全然見たこともない田舎町の雑貨屋みたいな店の前で止まって、「降りろ」と言われました。

 何のことか全く分からず、ただ、もう一人の乗客も黙って降りていたので、私もしぶしぶ従いました。

 当時、ベトナム語がまだまだ下手で、理由を聞いても理解できません。

 どのくらい待ったことでしょうか。

 2時間は待たされたと思います。


 ようやくバスがやってきて、それに乗ることができました。

 今度は満員。運転席の後ろの、荷物を載せるような平たくなった場所に無理やり腰を下ろしました。

 下手なベトナム語ですが、現地の人は好奇心旺盛、外国人とみればとにかく話しかけてきますので、いろんな話をしながらハノイに向かった記憶があります。


 ハノイについた頃にはすっかり日も暮れて、辺りは真っ暗闇。

 それでも無事家に帰ることができました。


 さあ、皆さん、私はどうしてバスを降ろされたか、分かりますか。


 大型バスに乗客が二人。

 たった二人では、運転手と車掌の手当とガソリン代が無駄になるんです。

 日本では考えられないことですが、なかなか合理的ですよね。

 客も黙ってバスを降りる。  


 日本では、赤字路線と言われても、田舎の道路を、誰も乗っていないバスがひたすら走っているのをよく見かけます。

 これ、どっちがいいんでしょうか(^_^;)。


 まあ、今ではベトナムでも乗客が少なくなったら客を降ろすなんてことはなくなったと思うんですが…どうでしょうね。


 とかく面白い国でした、ベトナムは。




 では、また 



ぽちっと応援宜しくお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ベトナム語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

HANA

Author:HANA
ご連絡・お問い合わせは…
 fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。