FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語学校今昔

 みなさん、こんにちは


 先月から日本語学校の現場に復帰させていただいておりますが、若干ウラシマタロってます

 というのも、私が日本語教育の現場に入った20年以上前から、福岡の日本語学校といえば、そのほとんどを中国籍の学生が占めていたものです。

 学校によっては、全校生が中国人だったり、クラスの全学生が中国人だというのは珍しいことではなくて、本当に普通のことだったんです。

 時々その中に何人か違う国の学生がいたりもしましたが。


 しかし!!です。

 私が現場を去る二年前辺りから何となくそんな風は吹いていましたが、久しぶりに日本語学校の現状を伺ってビックリ!!

 かつてほとんどを占めていた中国人学生に代わり、今はそのほとんどをベトナムとネパールの学生が占めているのだとか。

 中には全校生がベトナム人っていう学校もあるんだそうです。

 時代は変わったものですね…

 
 日本語学校そのものが、国際的、政治的、経済的…諸々の情勢に左右されるものではありますが、まさかこんな時代が来るなんて思いもしませんでした。


 教室の中が中国人ばかりだったころ、「教室の中にいろんな国籍の学生がいたら、授業展開もユニークなものになっていいだろうなぁ」と思い続けてきましたが、なかなかそういうわけにはいかないのでしょうね。


 ベトナム・ネパールから来た留学生の皆さん、「日本語は、漢字は難しい」と頭から決めてかからずに、自分たちの可能性を信じて頑張ってください。

 そして、少数派になってしまった中国の皆さん、中国の良さを広めてくださいね。

 留学生たち、頑張れ~!!


 では、また 



ぽちっと応援宜しくお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ベトナム語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

HANA

Author:HANA
ご連絡・お問い合わせは…
 fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。