FC2ブログ

“おばちゃん”は封印?

 みなさん、こんにちは


 先日ラジオを聴いていた時に、「おばちゃん」という言葉について話されていました。



 曰く…

 
 「自分がそう呼ばれたくないから、子供の友達のお母さんに対しては“おばちゃん”ではなく、“〇〇ちゃんのママ”と呼ばせるようにしている」


 …のだそうです。


 自分には子供がいないから「おばちゃん」と言われるのにとても抵抗があるんだろうと思っていたのですが、子供がいても「おばちゃん」は抵抗があるんですね。

 
 ここで少し「おばちゃん」を整理してみましょう。「おばちゃん」と呼ばれる場面としては…

 
 ①甥っ子・姪っ子から呼ばれる。

 ②子供の友達から呼ばれる。

 ③直接の関係がない・あるいは面識のない人から呼ばれる。


 …の3つが考えられるのではないでしょうか。


 ①についてですが、年の離れたお兄さんやお姉さんがいると、10代で「おばさん」になることもあるようで、やっぱり名前で「〇〇ちゃん」と呼ばせているのだとか。で、そのままいくつになっても永久に「おばさん」に代わることなく、「〇〇ちゃん」のままなんだそうです。


 ②これも「〇〇ちゃんのママ」「パパ」と言わせるのだそう。

 そもそも昔は「ママ・パパ」なんて言葉は“かゆくて”田舎では使えなかったものです。今では普通なんでしょうね。


 問題は③なんですよね。


 以前も少し触れましたが、第3者の成人が知人以外の30代~の女性を呼ぶ言葉として、「奥さん」が一般的なのではないかと思います。しかし、これは正直抵抗があります。

 「その年代の女性は結婚しているのが当たり前」という観念からの言葉で、今の時代にはそぐわないのではないかと…。


 では、明らかに子供の世代ぐらいの、あるいはもっと小さい子供から呼ばれるのは…?


 ラジオのリスナーさんからの意見では、どんなに「おばさん」に相当する年齢の相手でも、子供には「お姉さん」と呼ばせるようにしているのだそうです。


 うーん、これってどうなんでしょうか。


 20歳も30歳も若い、自分の子供世代の相手から「お姉さん」って呼ばれるのは、言葉の使い方として、礼儀としても違うと思うのですが…。


 
 これがベトナム語だとすっきりして気持ちいいんです。


 母親より年下なら「(コ)」年上なら「bác(パーッ)」。それが当たり前だし、誰もそれで文句言わない。

 
 日本語は難しいですね~。


 みなさんは名前以外で「おばさん」「お姉さん」「奥さん」…どんな呼ばれ方をしていますか。抵抗があるのはどんな時ですか。男性だったら「おじさん」「お兄さん」「ご主人」…いかがでしょう。


 ぜひ教えてください。

 お待ちしています。


 では、また 



ぽちっと応援宜しくお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ベトナム語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

HANA

Author:HANA
ご連絡・お問い合わせは…
 fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR