FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コーヒー、もう一杯いかがですか」「あ、大丈夫です」

 みなさん、こんにちは


 HANAの久留米教室として使用している猫カフェNha Con Meo


 そこのレジに立っているといろんな日本語に触れることができます。

 そこで最近、一番不思議な日本語が「大丈夫です」なんです。


 500円ご利用ごとにスタンプを押すようになっているので、新規のお客様には必ず「ポイントカードありますけど、お作りしますか」とお尋ねしています。

 「カードがありすぎて却って邪魔になる」という方もいらっしゃるからです。

 大抵の方は「あ、お願いします」と言ってくださいますが、中にはもちろん不要という方もいらっしゃいます。

 その断りの言葉が「大丈夫です」なんです。

 最初は「ん?」と迷いましたが、雰囲気からして「No thank you」らしいので、「あ、はい」と、そのままおつりだけお渡しするようになりました。


 でも、そもそもこの「大丈夫です」は断りの言葉ではなかったと思うのです。

 相手のことを心配して声をかけた人に、「心配いりませんよ」と答えたり、状況に問題ないと言いたいときに使う言葉なのですが、最近は「No thank you」の意味で使う人を見かけるようになりました。


 大丈夫です。
 初級の授業で使う「大丈夫です」の絵カードです。

 うーん、さすがに自分では使えませんが、これも日本語の進化形なんでしょうか。

 
 「コーヒー、もう一杯いかがですか」

 これは初級のテキストで出てくる会話のフレーズで、これに対する断りの言葉は「いいえ、けっこうです」なのです。


 「コーヒー、もう一杯いかがですか」
 この会話はどう教えればいいのでしょうか


 でも、最近では「大丈夫です」を使う方のほうが多いのでしょうか。うーん…日本語はどこまで丁寧になっていってしまうのでしょう。


 みなさんはどう思いますか。みなさんの「大丈夫です」の使い方をぜひ教えてください。


 では、また

 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

HANA

Author:HANA
ご連絡・お問い合わせは…
 fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。