FC2ブログ

HANAの日本語レッスン

 みなさん、こんにちは


 ある時こんなことを言われました。

 「教科書とか日本語教育とかじゃなくて、役に立つ日本語を教えてほしいんです」

 これは私の力不足です。


 「日本語教育はただの机上の空論」「教科書の日本語は学習者の役に立たない」…そんな印象を与えてしまったようです。

 日本語教育も教科書も、プロの日本語教師としてとても大切なものです。


 「既成の教科書ではなく、オリジナルテキストを使った生活者のための日本語コース」を担当したことがありますが、とても大変でした。

 本来は、学習者一人ひとりに合わせて教科書を作るのが理想なのかもしれません。しかし、それには、大変な労力と気力と時間を要します。

 なので、それよりは既成の教科書を使って教えていくことになります。どんなに一生懸命作ったとしても、プロの先生方が長い時間をかけて作られたテキストにはとてもかないません。

 ただし、その場合、1人ひとりのニーズに応えられないケースが出てきます。

 例えば、自分の配偶者のことを他の人に話すとき、既成の教科書では男性なら「妻・家内」、女性なら「主人」と教えます。しかし、現実にこれを使っている日本人がどのくらいいるでしょうか。特に、20代・30代のご夫婦は、「嫁さん」とか「旦那」という方が多いように思います。

 なので、オリジナルの教科書に「旦那」という言葉を取り入れたところ、とある権威の先生から「日本語教育でそのような言葉を教えるべきではない」というご指摘を頂きました。

 
 逆に、既成の教科書に不満を抱かせてしまったこともあります。教科書を使って教えることが「生活の役に立たない」と思わせてしまったのです。

 確かに教科書は遠回りだと感じることがあります。


 例えば、初級の学習者にとって必要な生活のための日本語は、看板の読み取りだったり、挨拶のフレーズだったり、または「〇〇は日本語で何ですか」のような、サバイバル的な表現だと思います。

 しかし、「〇〇は日本語で何ですか」を丸暗記させるよりは、少し遠回りでも「~は…です」「~は何ですか」という基本文型や、「(手段・言語)で…です・ます」を覚えた方が応用が利くし、日本語の能力が付くと思います。


 生活に役立つ日本語に到達するためには、基本文型が欠かせません。そのプロセスに置いてテキストはとても大切な役割を果たします。

 よく日本語教師養成講座などで言われることは「教科書を教えるのではなく、教科書で教える」ということです。

 私が教科書を教えてしまったために「役に立たない」という印象を与えてしまったのでしょう。


 こんなこともありました。

 「どんなレベルの学習者も一緒に教えてください。」…これは私の手に負えない課題です。


 以前担当していたコースには、ひらがなが何とか読めるようになったばかりの学習者と、通訳ができるレベルの学習者が一緒に受講していました。

 教材を配ると、すぐに隙間にローマ字で“読み仮名”を書き始める学習者がいる一方で、「これは(別のいい方)と同じですか」というような質問をしてくる学習者までいました。

 それでも、何とかこのクラスが成立したのは、学習者の皆さんの努力と寛容さによるものでした。


 私は、学習者が身につけている日本語能力を超えて共通に学べる「生活者のための日本語」は夢の日本語であり、存在しないと考えています。

 一人ひとりの能力やニーズによって「生活に役に立つ日本語」は違うはずなのです。

 ひらがなも十分に読めない人と、もう運転免許も日本語で取得したような人と、同じ教材で同じクラスで勉強するのは無理があります。

 考えてみてください。皆さんがアメリカへ行って、ようやくアルファベットが分かるようになった人や、アメリカに10年住んでいる人と一緒に英語を勉強することができるでしょうか。

 ある程度のレベル分けは必要です。

 
 私は、遠回りでも、一つ一つの文型や言葉を身につけて、それを学習者の皆さんがどんな場面で応用できるかを考えながら教えることが大切だと思います。

 そのためにも、日本語教育の知識や経験は必要です。きちんと学習者のレディネスやニーズを確認して、1人ひとりに合わせた授業をすること。

 課題であり、目標でもあります。 

 教科書を使って学習者の役に立つ日本語を教えること、1人ひとりに合ったレッスンをすること。

 HANAの日本語レッスンはそんなレッスンを目指しています。

 これからも日本語レッスンHANAをどうぞ宜しくお願いします。

 

 では、また 



ぽちっと応援宜しくお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ベトナム語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

HANA

Author:HANA
ご連絡・お問い合わせは…
 fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR