FC2ブログ

日本語教師は辛いよ(^_^;)

 みなさん、こんにちは


 今日はいつもとちょっぴり雰囲気が変わります。たまにはいいかな…。



 夢を見ました。


 授業に行ったら、たくさん忘れ物をしていたんです。

 慌てて職員室へ戻り、コピーをしているのですが、なかなか仕事が進まず、時間だけがどんどん流れていく。

 何とか教材を準備して慌てて教室へ戻ると、学生たちは好き勝手なことをして遊んでいて、誰も言うことを聞いてくれません。

 それはそうです。長い時間、教室を空けてしまったのですから…。
 
 もう、いやだ〰、どうしよう〰


 …と思っていたら、目が覚めました。



 実は、最近でこそあまり見なくなりましたが、以前はこの手の夢をよく見ていました。


 授業がすでに始まっている時間なのに、学校まで1時間以上かかるのに、まだ家にいます。

 早く行かなくちゃと気持ちは焦るのに、なぜか動けないんです。


 こんな夢も…。


 教壇に立っているんですが、授業の準備を全然していないので、何をしていいか分かりません。

 学生たちはみんな席について私が授業を始めるのを待っています

 私はただ焦ってパニックになっているのですが、学生たちの前では冷静を装って…


 日本語教育に関わった方ならお分かりだと思いますが、特に日本語学校などでは、1~2週間ごとにきちんと授業の予定が決められています。

 また授業をするためには、たくさんの準備をしなくてはなりません。

 授業の展開を考えて、例文を作って、絵カード、文字カード、フラッシュカード、各種プリント類、聴解教材…を揃える。

 特に初級の授業では持って行くものが多くて、粗忽者の私は実際に忘れ物が多いのです

 
 それに、日本語学校ではなかなか急に休みを取ることができません。

 準備が大変ですから、急な代講依頼はその先生に大変な迷惑をかけてしまうことになります。


 「自習にしちゃえば?


 進度が変わってしまうと、次の授業を担当する先生方に大変な迷惑をかけてしまうことになります。

 準備に時間がかかりますから、大抵早めに済ませておく先生がほとんどです。

 というわけで、「38度熱があっても、這ってでも授業には行かなくちゃ」という声はよく聞かれます。

 私も、20年以上日本語教師をしていますが、病欠は一度だけ。

 海外から戻ったときに、結膜炎を発症してしまった時に大変ご迷惑をかけました。

 ですから、日本語教師に一番大切なのは健康と体力なんだと思います。


 私が授業に関する悪夢を見るのは、こんなわけなんです

 
 日本語教師の皆さんはこんな夢を見たことがありますか。

 ぜひ教えてください。

 
 
 では、また 



ぽちっと応援宜しくお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ベトナム語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

HANA

Author:HANA
ご連絡・お問い合わせは…
 fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR