FC2ブログ

ベトナムの民族衣装  Áo dài は“アオザーイ”?“アオヤーイ”?

 みなさん、こんにちは


 今日はベトナム語のお話。

 
 私は以前、ベトナム北部の首都、ハノイに住んでいたので、私が話すベトナム語はハノイの言葉です。

 時々仕事で南部の大都市、ホーチミン市へ行く事があったのですが、ベトナム語がある程度分かるようになってからもずいぶん苦労しました。というのも、北部のベトナム語と南部のベトナム語は結構違うところが多いからなんです。

 「なんだよ。東京と大坂だってずいぶん違うし、そんなの当たり前じゃないか」

 そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ハノイとホーチミンの言葉の違いは、東京と大坂の比じゃないように思えるんです。

 今日はその辺のお話を…。


 ハノイの湖
 ハノイ市内には湖がたくさんあって、散歩やデート、夕涼みにはもってこいです。



 まず、ホテルにチェックインします。

 ハノイではタクシーを降りて建物に入ったそこが1階ですが、ホーチミンでは「グランドフロア」であって、階段を上って行ったところが“1階”です。

 「階」という言葉も違います。ハノイでは「tầng(タン)」と言いますが、ホーチミンでは、「lẩu(ロウ)」と言います。

 
 食べ物の名前も違います。

 ベトナム料理の中でも有名な揚げ春巻き。

 ハノイでは「nem rán(ネム ザン)」ですが、ホーチミンでは「chả giò(チャーヨー)」です。

 こんな違いは枚挙に暇がありません

 
 単語だけならまだ何とか頑張れますが、発音もかなり違うんです


 メコン川
 南部には大河メコン川が流れています。向こう岸が見えないくらい広い川で、肥沃な大地を作り出しています。 


 
 今日のブログのタイトル。

 ベトナムの民族衣装、日本女性の憧れ、アオザイ。

 ベトナム語で「Áo dài」というのですが、この“d”の発音、北では「ザ行」で発音するのに対して、南では「ヤ行」に近い、柔らかい音になるんです。つまり、北では「アオザーイ」、南では「アオヤーイ」と発音します。

 
 北の発音は、一つ一つの音をはっきり強めに発音しますが、南では柔らかく優しく発音します。

 ですから、ベトナム人の日本語を聞いていると、出身地が大体分かります。

 
 やはり統一される前は別々の国だったからでしょうか。どちらの人たちも自分の町や言葉に誇りを持っているように見えます。


 ベトナム語を勉強する外国人にとっては、どっちを勉強すればいいのか迷うところですが、それもベトナムの面白さではないでしょうか。


 最初にお話したように、私のベトナム語はハノイの言葉ですから、HANAのベトナム語入門も基本的にはハノイの発音で勉強する事になります。

 もちろん、できる範囲で南部の発音も紹介しながら進めていきますので、みなさんもぜひベトナム語にチャレンジしてみてください。


 では、また
スポンサーサイト



プロフィール

HANA

Author:HANA
ご連絡・お問い合わせは…
 fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR