ベトナム語入門、無料体験講座①、終了しました(*^_^*)。

 みなさん、こんにちは

 2017年5月の「ベトナム語入門」新規開講に先立ちまして、2月から毎月無料体験レッスンを開講しております。

 今回は2月の講座を実施、参加はお一人でしたが、大変熱心に話を聞いてくださいました。

 これまで「ベトナム語入門」を受講してくださった皆様はたいていベトナムに事業展開をするということで、簡単なコミュニケーションができるようになりたいという方でした。

 そして、今回の参加者も、福岡県筑後エリアにある会社のビジネスマンY様。働き盛りの企業戦士?でした(*^_^*)。



 ベトナム語入門のお知らせ(月刊みんくる)
 写真撮影に快くご協力くださったY様、ありがとうございましたm(__)m。



 さて、体験レッスンでは、ベトナム語の特徴をお話して簡単なフレーズをマスターしていただいています。

 特にお話しているのが次の3点。


 1.ベトナム語の発音の複雑さ

 2.日本人にとって単語は比較的楽なこと

 3.北部と南部の違い


 これ、なかなか面白い情報です。ベトナム語入門を受講しない方でもきっとお役にたつことと思います。


 そして、最後に、一番役に立つ「こんにちは」と「ありがとう」をマスターしていただきました。

 この2つを知っているだけでも、ベトナムの人たちから大喜びされることと思います。



 終了時間になったので「これで終わりますね」とお伝えすると「えっ、もう終わりですか?」とY様。

 どうやら楽しんで頂けたようです(*^_^*)。


 本講座は5月開講、今後の体験講座の予定は3月2日(木)、4月19日(水)の2日間、同じ内容で行ウ予定です。


 時間は午後6時半から、久留米市六ツ門 くるめりあ6階久留米市市民活動サポートセンター「みんくる」セミナー室2の予定です。

 参加ご希望の方は事前お申し込みが必要ですので、fwnv3447@mb.infoweb.ne.jpまでご連絡ください。

 
 5月開講の講座は、3回の体験講座を受講してくださった皆様のご都合で一番都合のいい時間帯に決めたいと思っています。


 ベトナム語入門 無料体験講座 2017年2月
 月間みんくるでもPRしてくださいました。ありがとうございましたm(__)m。



 皆様からのお問い合わせ・お申込み、待ちしておりますm(__)m。

 では、また 





ぽちっと応援宜しくお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ベトナム語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ベトナム語入門講座、開講します!!

 みなさん、こんにちは


 久留米の街でも他の筑後地区でも、ベトナム人を見かけることが多くなりしまたね。

 日本語学校に留学している学生、企業・会社や農業分野などで働いている技能実習生。

 以前、日本語学校の留学生と言えば中国がメインでしたが、現在ではその多くをベトナム・ネパールからの学生が占めています。

 また、これからもベトナムから多くの技能実習生が日本にやってくることが予想されます。


 もちろん彼らが日本に来る前に日本語を勉強しておかなくてはなりませんし、「郷に入れば郷に従え」、日本に来た以上、日本の生活習慣に従ってもらわなくてはなりません。


 でも、でも、なんです。

 受け入れる側の日本人が、ベトナムのことを少しでも知っておけば、人間関係も仕事も勉強もよりスムーズにいくのではないでしょうか。

 ベトナム人を受け入れるなら、ぜひベトナムのこと、ベトナム語を学んでいただきたいと思います。

 ベトナム人にとって大切なことは、ベトナム語が話せるかどうか、ではありません。

 ベトナムに興味関心を持ってくれている日本人がいること。それはベトナム人たちにとって本当に嬉しい事なんです。

 
 よりよい人間関係を築くためにも、仕事や勉強がスムーズにいくようにするためにも、ぜひベトナムを知ってください。ベトナム語を学んでみてください。

 HANAでは、そのお手伝いをさせて頂きたいと思います。


 2017年5月にベトナム語入門講座を開講いたします。


 ベトナム語入門講座
 

 開講に先立ちまして、お一人でも多くの方に受講していただくため、無料体験レッスンを実施することに致しました。

 2月8日(水)、3月2日(木)、4月(日程未定)の3回を予定しております。

 久留米市内の会場で、時間は18時半~19時20分です。 

 
 ベトナム語のテキスト(南部)


 ベトナム語ってどんな言葉?

 習うのは難しい?

 授業の雰囲気ってどんな感じ?


 ベトナム語入門使用教材


 まずはぜひ無料体験レッスンを受けてみてください。いろんな不安を解消してから、実際の講座を受講するかどうかご検討いただきたいと思います。


 上記の日程以外でも対応できることがございます。

 お申込み・お問い合わせはfwnv3447@mb.infoweb.ne.jpまでお気軽にどうぞ。  

 
 お待ちしておりますm(__)m。


 では、また 





ぽちっと応援宜しくお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ベトナム語へ
にほんブログ村

日本語のプライベートレッスン、やってます(#^.^#)。

 みなさん、こんにちは



 なかなか更新できないHANA日記にご訪問頂き、ありがとうございますm(__)m。

 
 「地域に住んでいる外国人のお役にたちたい」と立ち上げた日本語レッスンHANAですが、どうも“需要と供給”のバランスが合わないようで、日本人配偶者のご家族や技能研修性などのお役に立てていないのが現状です(^_^;)。


 今回は、短期滞在で久留米市内に住んでいるアメリカ人男性のプライベートレッスンです。

 アメリカのフロリダからやってきたDさん。


 Dさん



 大学でアジア文化を専門に勉強していて、日本語能力は大したもの。


 最初にお話が来た時には日本語能力試験N2に挑戦したいというお話だったので、12月の試験が迫っていることだし、非漢字圏の学習者が苦手にしている読解問題の直前対策をしようと思っていました。


 しかし、実際にお会いしてみたら、自然な会話力を身に着けたいということだったので、テキストは使用せず、Dさんが話したいことを会話文にして作ってきてもらい、それを自然な表現に直すというレッスンをしています。


 将来は日本で生活して日本で働きたいというDさん。「正しい日本語」ではなく「自然な日本語」を身に着けることを目標に設定しました。


 Dさんが作ってきてくれた会話を見ていてしみじみ思うのですが、日本語って、本当に直球が少ないなぁと…。

 例えば、通りすがりの知らない人に「ちょっとすみません、郵便局までどうやっていきますか」と尋ねます。

 確かにどこも間違っていない表現です。

 でも、よくよく考えたら「ちょっとすみません。この近くに郵便局がありますか」の方が自然なのかなと。

 そして、その質問に対して、「はい、あります」「いいえ、ありません」と答える日本人はまずいないのではないでしょうか。普通はそこで「あ、えっと…」と道案内が始まることでしょう。

 
 にほんごレッスンHANAでは、初級から上級まで、学習者の皆様のご希望に応じたカリキュラムを作成してお一人お一人に応じたレッスンを行っています。

 詳細は、こちらのHP「にほんごレッスンHANAをご覧ください。

 無料体験レッスンも受け付けておりますので、日本語を習いたい、習わせたいという方はお気軽にお問い合わせください。



 ベトナム語入門講座も受付中です(#^.^#)。
 

 
 どうぞ宜しくおねがいしますm(__)m。


 では、また 





ぽちっと応援宜しくお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ベトナム語へ
にほんブログ村

留学生も研修生も…(T_T)。

 みなさん、こんにちは



 ベトナム人は基本的に働き者で、陽気で、親日的で、接していて嫌な気分になることは少ないのですが、こと留学生をお世話する立場となるとそうはいきません。

 まず、頭が痛いのがお金の問題。

 日本に来るために、親戚中から借金していますが、その返済が留学生たちの頭のかなりの部分を占めています。

 日本に来たらすぐにアルバイトができると思っていたのに、なかなか見つからない。そういうこともあります。

 そうなると「お金のことが心配で勉強できません」…あらあら、困りましたね(^_^;)。



 また、ベトナム人にとって、「家族」はとても大切なもの。

 その家族と離れて暮らすストレスは私たちの想像を超えるようで、日本に来てすぐに買うものが自転車と携帯電話。

 今はほとんどがスマホですから、すぐに国の家族や友達と連絡を取り合い、頭の中はずっとベトナム語。

 里心がいつまでたっても抜けません。

 夜もネットで何やらやっていますから、朝起きられない。

 学校に来ない。日本語が上達しない。さらに里心が強くなる…。

 悪循環です。



 寂しいから、何かにつけてパーティーをします。

 ベトナム人のパーティーはとても賑やか(うるさい)です。

 何度も何度も乾杯をし、大音量で音楽を鳴らし、大声でお喋り…深夜まで(T_T)。

 周辺住民はたまりませんから、やむを得ず警察に通報することになります。



 もちろん、そうではない真面目に日本語の勉強を頑張っている留学生の方が多いと思うのですが…。 



 先日、技能研修性に関わっている方とお話しする機会がありました。

 技能研修性と言っても、現実は日本人で不足している労働力をカバーするための単純労働者です。

 やはり、日本に来る前に、仲介業者に高額な斡旋料を支払い日本に来ています。

 お金の問題は深刻です。

 留学生も研修生も全く同じ問題を抱えています。



 HANAからの提案なんですが…。


 ベトナム人は家族をとても大切にします。

 日本人も家族は大切ですが、「親父ウザい」とか「バカ息子は勘当してやった」とか、そんな話も聞きますよね。

 ベトナム人にとっては、家族は一番大切なもの。

 だから、その家族と離れているから寂しいと思うんです。

 
 方や日本人。


 特に、田舎では子供も孫も出て行ってしまって、盆と正月しか帰ってこないというようなこともあります。

 きっと寂しい思いをされている高齢者もいらっしゃるのではないでしょうか。

 
 そこで、ベトナム人たちが、日本に来て一番寂しい時に、その高齢者のお宅にホームステイするというのはいかがでしょうか。

 ベトナムは儒教の国ですから、年長者は大切に敬います。

 敬まわれて嫌な気持ちがする人はいないでしょう。

 高齢者の皆さんはベトナム人の若者をすごく可愛がってくれます。


 実際、うちの80代の両親は、私のベトナム人の妹分や弟分のことが大好きです。

 実の娘より大切にしてくれますからね(^_-)-☆


 日本に家族ができれば、当然日本が好きになって、日本や日本文化にも興味が湧くでしょう。

 寂しいこともなくなって、ネットでベトナムにつながる時間も、パーティーをする時間も短くなるかもしれません。


 日本人にとってもベトナム人にとってもメリットがあることだと思います。

 
 どんなに手が付けられないようなベトナム人も、私たちと同じ人間です。


 寂しい、嬉しい、楽しい…そんな感情があって、遠い異国で辛い思いをしているとしたら、勉強だって研修だって前向きに馴れないことがあるはずです。

  
 ベトナムから来た研修生や留学生たちが「久留米に来てよかった」「筑後に来てよかった」そう思ってくれたら嬉しいことだし、筑後地区にお住まいの皆さんが、ベトナムのことを好きになってくれたり、興味を持ってくださったりしたら、こんなに嬉しいことはありません。


 日本とベトナム、どちらも大切な国です。


 

 では、また 



ぽちっと応援宜しくお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ベトナム語へ
にほんブログ村

八女の日本語教室、「よーら話そう」にお邪魔してきました(#^.^#)。

 みなさん、こんにちは

 ずいぶん、ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。

 最近は日本語学校の仕事がメインになってしまって、なかなか地域の日本語教育に触れるチャンスがなく、残念に思っております(^_^;)。

 そんな中、八女の日本語教室「よーら話そう」の皆さんが、研修会に呼んでくださいましたので、お邪魔してきました。

 
 この研修会、今回で3回目。

 「テキスト『みんなの日本語』の教え方」というテーマで、テキストの内容を毎回少しずつご説明して、私の経験からお伝えできることをお話させていただいています。

 前回、1月末に『みんなの日本語』の第28課まで終わっておりましたので、今回は第29課から。

 実は、この29課と30課は日本語学習者の皆さんをすこーしだけ悩ませる課でもあります。

 「自動詞」と「他動詞」というのが出てくるんです。

 例文はこんな感じ。


 「窓が開いています」

 「窓が開けてあります」 
 

 実はこの2つの文、忘れもしません、私が初めて受けた日本語学校の面接で、どう違うか、当時の主任A先生に質問された問題だったんです。

 「窓が開いています」は自然に開いたような感じで、「窓が開けてあります」は誰か人が開けたという含みがあると思います。

 確か、そんな風に答えたと思います。

 それがよかったんだか悪かったんだか、最初の日本語学校の面接で無事採用。非常勤講師ではありましたが、何とか日本語教師生活をスタートできました。

 そういう意味もあって、特別な課です。


 そもそも自動詞と他動詞って難しいんですよね。

 「ドアを開けます」「ドアが開きます」は自動ドアかどうかということかと思いますが、「ドアを開けません」「ドアが開きません」は自動ドアかどうかとはまた別の問題ですもんね。

 「お茶を入れます」「お茶が入ります」に至っては、お茶が自動的に入るわけではなく、お茶を出す相手に「わざわざ入れたんじゃありませんよ」という、優しい心配り(#^.^#)。他の外国語でこんな表現があるんでしょうかね。


 さてさて、学習者の皆さんには、1月に「『窓が開いています』と『窓が開けてあります』の違いを考えて来てくださいね」という宿題を出していたのですが、すっかりお忘れになっていまして、その検討からスタート。


 毎回熱心に聞いてくださる皆さんには頭が下がります。

 ボランティアの日本語教室、「よーら話そう」は、もう今年で9年目だそうです。

 八女・筑後地区にはるばる外つ国からやってきた皆さんが、生活面や仕事面等、様々な面で直面する日本語の課題を、一人一人に向き合いながら一緒に学習されています。

 
 よーら話そう 2016.6.16.
 毎回研修に参加してくださる皆さんです。本当に熱心です(#^.^#)。


 今回は35課まで行きたかったのですが、時間の都合で(私の段取りが悪くて(^_^;)、34課まで。

 というわけで、今回はこんな宿題を出して終わりとなりました。

 「春になると桜が咲きます」

 「春になったら桜が咲きます」

 「春になれば桜が咲きます」


 これはどれもOKですよね。


 「お酒を飲むと楽しくなります」

 「お酒を飲んだら楽しくなります」

 「お酒を飲めば楽しくなります」 

 
 これもOK。では…。


 「お酒を飲むと気分が悪くなります」

 「お酒を飲んだら気分が悪くなります」

 「お酒を飲めば気分が悪くなります」

 
 どうでしょう。

 「仮定条件と、確定条件と…」のようなお声も聞こえてきましたが、これは次回までの宿題とさせていただきました。


 よかったら皆さんも考えてみてくださいね。


 今後はもう少し間隔を開けずに記事をアップしていこうと思いますので、どうぞ宜しくお願いしますm(__)m。



 では、また 



ぽちっと応援宜しくお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ベトナム語へ
にほんブログ村
プロフィール

Author:HANA
ご連絡・お問い合わせは…
 fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR